スマイル美人応援プロジェクト[歯科用顕微鏡編]

歯科用顕微鏡について

ミクロ単位の精密治療。

歯科治療は狭い口の中で行うため、従来はドクターが経験と勘を頼りに手探りで治療を行う部分もありました。しかし近年、口の中を拡大して見ることのできる高性能な歯科用顕微鏡が開発されています。

患部を24倍まで拡大

当医院ではいち早く、患部を 24 倍まで拡大できる最先端の歯科用顕微鏡を導入。これによって、ミクロ単位の精密な治療が可能になりました。

歯科用顕微鏡豆知識

歯科用顕微鏡はこのような機械です

当医院で活躍している、世界のトップブランド 「carl zeiss 社製」 歯科用顕微鏡をご紹介します。

外 観

展望台によくある双眼鏡のような形。両目で覗き込み、ハンドルで視野や角度を自由に変えることができます。

使用風景

ハンドルさばきにはコツが必要。中山副院長は12年以上前から歯科用顕微鏡を使い、歯科顕微鏡学会の評議委員も務めるエキスパートです。

pickup!

ほら、こんなにはっきり患部を確認できます!

お札の印刷もクッキリ!

ページの先頭へ

体験レポート

歯科用顕微鏡を使った治療例

顕微鏡を使った治療は美しく仕上がるだけでなく、削る歯の量を最小限に留めることができます。
また、歯と被せものの間の隙間を見逃さないので治療後の虫歯も防げます。
顕微鏡治療は今後ますます、治療に欠かせない存在になっていくでしょう。

審美治療(ラミネートベニア)

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、その上に薄いセラミックを貼り付ける治療です。歯に合った被せ物ができても、貼り付ける際に歯と被せ物の縁が合っていないと虫歯になりやすく、せっかくの治療が長持ちしません。

顕微鏡ならミクロ単位のズレも見逃さないので、元の歯と一体感のある最高の仕上がりが実現できます。

虫歯の再治療(オールセラミック、コンポジットレジン修復)

金属が目立つ治療済みの歯を、セラミックやレジンで再治療する方が増えています。金属の詰め物を取り除く際には歯も削る必要がありますが、削る部分は最小限にしたいものです。

そんな時にも、顕微鏡が大活躍。健康な部分は極力削らずに、金属や虫歯になっている部分だけを狙い撃ちすることができます。

根管治療!

歯の根っこの中には神経の通っている細い管があります。虫歯がひどくなると空洞の中まで細菌が広がり、中をきれいに掃除して薬を詰める必要が出てきます。

従来はドクターが手探りで管の中を削っていましたが、顕微鏡なら中の様子を見ながら治療ができ、炎症の再発率もぐんと低くなります。

顕微鏡治療を受けられた患者様のメッセージ

昨年の秋頃から奥歯の歯茎に腫れがあり、他の歯科医で診てもらったところ、「抜くしかない。歯の治療をしてみてもいいが治るかどうかわからない。」等々の診断を受け、とりあえず様子をみてみようとのことで、放置しておりました。

この春頃、腫れが大きくなり、このままでは抜歯もやむを得ないのかなとあきらめておりましたが、たまたま、インターネットで調べていたところ、進んだ根の治療(マイクロスコープ等を用いた)とそれを私の通院できる地域で行っていらっしゃる中山先生のことを知って、もしかしたらと、来院しました。

丁寧に治療法や治癒の可能性、さらには費用について、非常に丁寧に説明してくださり、納得のうえ治療していただくことが出来ました。(少しだけ、痛い治療がありましたが、根の治療ではしょうがないのかなと思います。)まだ、奥歯に若干の違和感がありますが、ひとまずおちついて嬉しく思っております。


実際のお手紙を読む(PDF)
ページの先頭へ

FAQ

歯科用顕微鏡のよくあるご質問

歯科用顕微鏡って珍しいの?
使わない場合との違いは?
顕微鏡使用歴12年の中山副院長が、皆様の疑問にお答えします!

どこの歯医者さんにもありますか?
アメリカでは大半の歯科医院で使われていますが、日本では近年ようやく普及し始めたところです。顕微鏡を操作しながらの治療には慣れも必要で、日本では十分に使いこなせるドクターがまだ少ないと言われています。私自身は12年以上前から歯科用顕微鏡を使ってその効果を実感し、歯科顕微鏡学会の評議委員も務めていますので、最新型の歯科用顕微鏡の導入に積極的に取り組んでいます。
顕微鏡を使わなくても治療はできますか?
顕微鏡を使わない場合、目に見えない部分はドクターの勘が頼りになります。ドクターの中には顕微鏡より自分の腕を信じたほうが、十分な治療を素早くできるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、顕微鏡治療の有用性は近年、広く認められています。
顕微鏡治療にデメリットはありますか?
顕微鏡を細かく操作しながら治療を行うので、一般の治療よりも時間がかかります。しかし、それだけ正確な治療ができるので、仕上がりには大きな差があります。何年か後で再治療をするリスクに比べれば、一概にデメリットとは言えないでしょう。
全ての治療に使われますか?
顕微鏡治療は非常に時間がかかるため、最高の仕上がりを求められる自費診療の患者様優先で使用しています。保険診療の場合は、顕微鏡より手軽に扱える拡大鏡を用いて治療を行います。
顕微鏡治療に別料金はかかりますか?
別料金はいただいておりません。治療においてドクターが必要と判断した際に、随時使用しています。
ページの先頭へ