小児歯科

以前の歯科界では早期発見、早期治療が最良の虫歯対策と言われ続けてきました。しかし、そのような常識は現在では全くの非常識となっています。

いまや、小さな虫歯は治ることが科学的に証明されてきています。そのため、小児歯科の分野も様変わりしています。もはや、削るのではなくいかに削らないかが大きなポイントになっています。一度削ってしまった歯は元に戻りません!!

大事な歯をそのままいかに一生無事に過ごせるか?これこそが小児歯科の今後あるべき姿と我々は考えています。