スタッフBlog

秋色
Posted at Oct 22, 2017  19:59 by ツナ缶

秋冬用のコスメと靴のため、物欲が暴走気味です。

ちなみに、春にも物欲の話を書いていましたが、結局春用ハイヒールはあきらめ、
ラベンダーピンクのチークと、青みピンクとピンクレッドのリップを買いました。
秋冬はクリスマスコフレもありますし、ボルドーリップとハイヒールが欲しくなります。
物欲は尽きませんね。人間らしく、理性的になりたいものです。

ボルドーブラックや、ワインレッドが欲しいと言うと、父親にはボルドーブラックとワインレッドが同じ色に見えるようで、不要だと言われてしまいます。

マスメディア情報なので真偽の程は不明ですが、男性は女性よりも色別が鈍いそうで、特に赤みや紫がかったもののグラデーションの分類が少ないそうです。
女性が10種類以上に分類して認識するのに対し、男性は多くて3色だそうです。
恐ろしい差です。それだけ昔の男性は生き残るうえで、色を見分けなくてもよかったので、進化しなかったということなのでしょうか。
女性に贈り物をする時は、同じ赤でも好みがありますので、現代的に思えば進化していてもよさそうな技能です。これも人体の神秘ということでしょうか。

今持っているリップを活かすならば、黒グロスという選択肢も…と患者様からアドバイスをいただいた結果、私の物欲の暴走はとどまるところを知りません。
人間として備わっているべき理性も、進化していてよさそうな技能な気もしますが、これも人体の神秘ということで、我慢せずに買い物へ行こうと思います。


こんなところに!!!!
Posted at Oct 07, 2017  16:33 by あんこ

最近、友人が私の住んでいる近くに引っ越ししてきました。
近所に昔からありそうな居酒屋さんがあって気にはなっていたのですが、
なんせ昔ながらなので失礼ですが「大丈夫なのかな??」と思っていました。
すると友人がそこに行こう!!!と誘ってきたのです。
内心「えぇぇぇ!?!?!?」となりましたが、その友人の友人が「そこでしか飲まない!!」って言ってたし大丈夫じゃない?という事で半信半疑で行って来ました。店内は昔ながらの感じが出ており感じのいい大将と女将さん。常連さんや夜中4時までしているのでアナウンサーも来るのだとか!食事もすっごく美味しくてなんで今まで近くに居たのに来なかったんだろうー(>_<)と悔やむくらいでした。10月からはおでんが始まるそうでまた行きたいです。なんでも、行動に移さないと分からないこたばかりだな、と思いました。


イカ釣り
Posted at Sep 28, 2017  16:52 by shido

3年ほど前に、秋のイカは簡単に釣れるという話を聞いて、エギ(餌木)と呼ばれるエビに似せたルアーを購入したものの、まったく釣れず諦めていましたが、3シーズン目になってようやく釣ることができました。

そもそも、新鮮なアオリイカで“いか飯”を作りたいというのが目的でエギング始めましたので、いか飯のレシピは、ほぼ頭に入っており、早速作ってみました。

サイズがイマイチで、数も釣れなかったことが残念ですが、3年越しのイカ飯は最高でした。食欲の秋大暴走です。
次回は、大漁目指して頑張ります


ママ友
Posted at Sep 11, 2017  11:36 by ハヤシライス

我が子がもう2才3ヵ月になりました。
あっという間に容姿が赤ちゃんだったのが、子供へと急速に変化しています。
まだ2年弱しか経っていないのに、友人の赤ちゃんを見ると懐かしい気持ちになります。

まだ5Fの保育室で見ていただいてるので、お子様を預けている患者様が私にとってはママ友の存在です。

診療中に子供の話をしたりして、患者様(ママ友)を少しでもリラックスするようにしているのですが、私の方がリラックスして子供の話をしているのかもしれません。

来年度から保育園に入れるつもりなので、それまでいろいろな話を聞いて、ママ友を増やし、患者様のお子様に我が子が沢山遊んでもらえたら嬉しいな♪と思います。


「休ませる」時間
Posted at Jul 07, 2017  18:43 by stuff45

学生時代はテニスに没頭していたのですが、
そのころからずっと足のむくみや腰の痛み、肩の張りが悩みになっています。

その悩みを友人に打ち明けたところ、鍼灸を勧められました。早速鍼灸院へ行き、治療を始めました。まだ始めたばかりなので効果の実感はこれから!ですが、マッサージや鍼治療はとても気持ちがよくてこういう時間も大切にしなきゃなあと感じました。

お風呂や睡眠、アロマ…やりたいことがあるとどうしてもリラックスする時間を削ってしまいがちですが、普段のパフォーマンスの質を上げるには体を「働かせる」時間と「休ませる」時間の両方が大切になってきます。

体を「休ませる」時間もしっかり組み込んで常に最適な状態で過ごしたいですね。


Page 1/274: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »