ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

自分の意見とは違う情報をあえていれること
Posted at Mar 06, 2014  09:46 in 思ったこと

ここ最近、凶悪犯罪のニュースばかりでうんざりします。

どのチャンネルをつけても、同じニュース

今朝は通り魔事件のニュースばかりでした。

はっきり言って、朝から気分が悪い。
テレビをつけなきゃいい話と言われればそうなんですけれど、それにしても・・・・

我々は仕事をする上で、ブルーオーシャンを考えるわけです。

テレビはこれだけ視聴率の低下が叫ばれているのに、何故、同じようなことしかしないんでしょうか??

まあ、金沢ではみれませんが、テレビ東京は違うかも知れませんけれど・・

また、凶悪犯罪のニュースばかりで、日本にはそんな犯罪がものすごく増えていて、
安全神話が崩壊している
そんなイメージにもなります。

しかし、実際は、犯罪の数は、戦後で最も少ないレベルであり、どんどん減っているらしいです。
(これは、未確認で、ある有名な評論家が話してたので多分本当だと思ってます)

凶悪犯罪は昔の方がよっぽどあったらしいですし、
軽犯罪の数も減っているらしい

もちろん、その辺の数字は、数の操作があるかないかも分かりませんから一概には言えないとは思いますが、それでも凶悪犯罪は隠せないですからね

つまり、犯罪数が減少しているといった報道は、メディアでほとんど取り上げられないと言うことです。

なんか、メディアは、混乱をあおっているという気がしてなりません。

平気で嘘を書いてしまうメディアも存在します。

我々は、そういう情報過多のなかで、自らが判断する力が求められているのだと思います。

そのためには、一つのメディア、一つの媒体、一つの会社、一つの政治信念だけでなく、多くの情報、自らの信念とは正反対の情報も入れながら、
その中で、自らの考えを持っていくべきなのだと思います。
今で言えば、反日の国内メディアが多いような気がしますが、
正しいかどうかは結局わからないのですから、日本を擁護するような情報も一方では入れなければ報道の正当性は保たれないのではないでしょうか?

歯科医療も一緒。
一つの事だけが正しいのではなく、
やはり多くの意見ややり方をくまなく学ぶ中で、
自らの患者様には何が良いのか?が本当に見えてくるのではないでしょうか??


「買う」ということについて
Posted at Mar 01, 2014  19:57 in 時事

ビットコインの日本代理店?が破綻したそうだ。
不正アクセスによって、コインが失われたことが原因らしい。

このシステムは詳しくはよく分からないが、
詐欺で捕まった「円天」
と何が違うのだろうと。。

当時も、何百万円分や何千万円分もの円天を持っているなんて、自慢げに語っている人たちがいた。

でも、案の定破綻した。

我々は、大昔は物々交換で物事をやりとりしていた。
それも、多分、生きるために必要なものの物々交換であったであろう。
魚や肉、果実や水など。

それが、あるとき、たとえば「石」のようなものが、
価値のあるもの
と認められ、それが物々交換の対象となった。

そこが貨幣のスタートであった。
そして、基本その物々交換というスタイルは不変であるべきものと思う。

現代にしても、お金で買うという行為で、我々は何かしらの物を得ている。
それは、昔と変わらず、一般的な「もの」がメインである。
しかし、株の様なものが売買されるようになってきた。
いわゆる金融商品。

ただ、株も株券というものをやりとりするわけです。

サービス産業と言われる物は基本、後払いですよね
マッサージを受け終わったら払う。
食事も食べ終わったら払う。
サービスは形がないために、後払いという形式が取られるわけです。

じゃあ、食券は?という話ですが、
食券は、食券という物を購入しているわけです。

すべての取引は、
形があるものは物の交換
形のないものは後払いということで、お金の授受が成り立っている。

しかし、今回のビットマネーなんかは、全く物がない。
データでしかない。
そういうものとお金の物々交換をすることに、何故危機感がないのだろうか??

今回のビットマネーに絡む破綻

金本位制のように銀行に預け入れをしていたお金も、全くなくなっているらしい。

その辺のことを十分似考える必要があるのではないだろうか?


PM2.5
Posted at Mar 01, 2014  09:23 in 医療

ここ数日、PM2.5が飛びまくっています。
ニュースでも報道しています。

文句を言っている人も多くいます。

しかし、そういうながら、タバコを吹かしている人も大勢います。

皆さんは、どうとらえますか??

http://feely.jp/310/


葛西選手の涙
Posted at Feb 19, 2014  15:20 in スポーツ

日本よりも世界での方が尊敬されているであろう、レジェンド葛西選手

ラージヒル個人で、銀メダルを取得した際には、満面の笑顔でした。

もうずっと、メダルを目指して頑張ってきた結果がすがすがしく、素晴らしいなと思いました。

そして、団体での銅メダル。

このとき、葛西選手はうれし涙でした。

なんか、それを見たときに、
なんとなく
「これこそ、日本的な考え方で、本当に日本に生まれて良かったな」
そう感じました。

もちろん、個人も大事なのですが、
いかに、和を大事にするか?
いかに仲間を大事にするか?
利他の精神といってもいいかもしれません。

そういえば、
今回のメダリスト達は、みな、
サポートしてくれた人たちに感謝の言葉を忘れません。

若いスノボの選手も一様に

一部では、メダルを取れないことに対して、
税金泥棒だ
なんて言っている、アホがいるようですが、
世界で見たときに、
日本人の選手達は、少ない強化費の中で、本当に良くやっていると思いますし、
むしろ、個人的には、この状況で良くメダルを取れるな〜
っと思うくらいです。

それは、練習メニューが他国より優れているからでしょうか?
それとも、日本選手の資質が高いからでしょうか?

僕はこう思います。
彼らは、自分のため以上に、
周りのためにみんな、頑張っているからなんではないかと。

我々日本人の特有のこういう意識のすばらしさ

本当に大事にしていかなければならない、世界に誇れる、
日本人の資質だと思います。


プレゼントは、一体誰のためにするものなのか??
Posted at Jan 28, 2014  17:11 in 思ったこと

みなさん、時と場合により、いろんなプレゼントをされると思います。

誕生日プレゼントだったり、
記念日だったり。

これは、一体誰のためのプレゼントだと思いますか??

==================================

利他主義が良い

これは、よくいわれることです。

たしかに、それは間違いのないことだと思いますし、
誰しもが、利他主義が世の中に良いことは分かっていると思います。

でも、それがよいと言われる続けると言うことは、
依然として、利己主義がはびこっているからに他なりません。

では、なぜ、利他主義が大勢を占めないのか??

我々が目標設定をするときに大事な事に、
「それが本当にあなたのしたいこと。なりたいことに一致するのか?」
を再確認する
というステージがあります。
もし、一致していない場合には、顕在意識ではアクセルを、潜在意識ではブレーキを踏むことに成り、心が悲鳴を上げてしまいます。

それでもやり続けると、心が壊れてしまうこともあるので、多くの人は、アクセルを外します。
顕在意識と潜在意識では、潜在意識の方が強いことが知られています。

だから、なりたい自分になれないのです。

では、潜在意識が悪いのか?というとそうではありません。
潜在意識は、必ず自分を守るように行動をするようになっていますから、
潜在意識がわるいわけではないのです。
(ここで、潜在意識が悪いと思ってしまうと、問題なので辞めましょうね)

では、どうしたらよいのか??
つまり、潜在意識と顕在意識の目的と目標を自分の中で昇華して、
方向を一致させることが重要なのです。

「それが本当にあなたのしたいこと。なりたいことに一致するのか?」

ということです。

さて、
プレゼントは一体誰のためにあげているのか???
それは、「自分自身のため」です。

もし、本当に、相手のためだけにプレゼントをあげているのであれば、
相手が欲しくなさそうにしても、
悲しくはなるにしても、怒りがこみ上げてこないものです。

つまり、期待したリターンが欲しくて、プレゼントをあげるのです。
これこそ、実は、利他主義と利己主義の考えに似ているとおもいます。

プレゼントは、一見、他人のため、利他主義であげていると思いがちですが、
実は、自分のため、利己主義であげているのです。

つまり、利他主義は、相手のためではなく、
じつは、自分が一番得をするということ
つまりは、利己主義となんら相反する物ではないと気づくことが大切なのです。


Page 6/365: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »